ART LIVES TORIDE ここで芸術が生まれる。

荒川 弘憲
Koken Arakawa

僕は今28歳なんですけど、高校は都立工芸高校というところで、インテリアの勉強をして、イスや棚をつくったりしてました。それが芸術とか、ものづくりを本格的にはじめるきっかけです。

そのあと、アクリルディスプレイをつくる会社に就職して4年働きました。仕事は大変でしたけど、いろんなことをやらせてもらえる会社でしたね。就職したときから、いつか大学に行きたいなと思ってて。貯金が貯まったので辞めたんです。

最初はデザインとかプロダクトとか、そういう勉強をするのかなって気がしてたんですけど。そのころもやもやしてたことを友だちに話したら、それを受け入れてくれるのは藝大の先端芸術表現科くらいしかないって教えてくれて。それで、目指すようになりました。

I am 28 years old now, and I went to high school at the Tokyo Metropolitan Kogei High School, where I studied interior design and made chairs and shelves. That was the beginning of my serious interest in art and craftsmanship.
After that, I got a job at a company that made acrylic displays and worked there for four years. The work was hard, but the company allowed me to do many different things. From the time I started working there, I knew I wanted to go to college someday. I quit when I had enough money saved up.
At first, I thought I would study design or product design. When I told my friends about what I was wondering at the time, they told me that the Inter-media Department of Tokyo University of the Arts was the only place that would accept me. That’s how I came to pursue it.
取手の詩 (2020)

もやもやっていうのは、いろいろあるんですけど。どうしてこんなに働かないといけないんだろうっていう仕事に対すること。あとは父親が牧師だったっていうのもあって、育ってきた宗教のルールと、社会に出て知ったふつうのルールみたいなものを行き来するなかで感じることとか。

あとは、自然と人工みたいなもの。小さいころに育った自然の多い町と、東京とのギャップみたいなものが重要だった気がします。小学校の登下校で雨が降ると、裸足で帰るのが好きだったんですけど、東京はそういう場所じゃないんだろうなと感じたり。

自分の道徳観で、自分の人格に合っているものを追求してもいいんじゃないかなっていうのは、ふつふつとあったんですよ。

There are many things that make me hazy. One of them is my work, and I wonder why I have to work so much. Also, because my father was a pastor, I feel that I have to go back and forth between the rules of the religion I was raised in and the normal rules I have come to know in society.
Also, things like nature and artifice. I think the gap between Tokyo and the town I grew up in when I was a child, where there was a lot of nature, was important. When it rained on my way to and from school in elementary school, I used to love going home barefoot, but I felt that Tokyo was not the place for that.
I felt that it was okay to pursue something that suited my own moral values and personality.

大学に入るころは、俳句をつくったり、ワークショップをやったりしていました。働いてみて、社会に対して思うことが作品に表れることが多かったですね。それが藝大に入って、違う領域もあるんだっていうことに目が向くようになりました。

自分が作品をつくるって、すぐにアイデアが尽きちゃうと思ってたんですけど、ぜんぜんそんなことありませんでしたね。

道路にビー玉を敷き詰めてみたり、湖に棒を立ててみたり。これは野球場のフェンス越しに、いちょうの木が溢れているんですけど。境界みたいなものを越えていくみたいな。はみ出したり、増殖したり。こういうのいいなって。

When I started college, I was making haiku and doing workshops. When I worked, I often expressed my thoughts about society in my works. But when I entered the University of the Arts, I began to see that there were other fields.
I thought I would run out of ideas quickly when I created my works, but that was not the case at all.
I tried laying marbles on the road, or putting sticks in the lake. This is a baseball field overflowing with ginkgo trees over the fence. It’s like crossing a kind of boundary. They overflow and proliferate. I like this kind of thing.
interference (2017)

公共の場所みたいなところを、軽く私有化するというか。そういう意識があるんだと思います。

ただ、それだけで語れることではないというのは、よく思っていることです。腹の虫がおさまらないとか、虫の知らせとか、その手の虫がつく慣用句がありますけど、その意味での「虫」の存在がきっと鍵になってくるんだと思っています。

I think I have a sense of lightly privatizing a place like a common place, or something like that.
But I frequently think that it is not something that can be spoken of on its own. There are idiomatic phrases that refer to “a stomach bug that won’t settle,” or “a bug’s warning,” and I believe that the presence of the “bug” in that sense is the key.
Jamscape Insectcage(2021)

虫かごを並べた作品はターニングポイントになっていて。ここで気づいたのは、子どものころの記憶に戻るっていうことだったんです。虫かごって、僕の子どものころを思い出させてくれるもので。

社会人だったときは、しっかりしなきゃっていう意識がすごくあったんです。大学に入った当時も、革靴で大学通ってたし。そういう感じだったんですけど。大学で過ごすなかでそういうのが、子どものころの記憶を訪ねるたびになくなっていって。子どもと大人が混ざり合ってるみたいになってきた。

大人の自分だけで世界をみるっていうのは、自分にとってしっくりきてない気がするんですよ。僕には小さいころの記憶もあるわけで。それを切断して、大人になった自分だけで生きるっていうのは。できるだけ昔の自分みたいなものもないまぜになって、一緒に世界のなかで生きよう、みたいな。そういうのを手がかりにしながら、硬い部分と幼い部分みたいなのを混ぜている感じなんです。

混ぜるということをしたいと思って、最近は砂場の研究にたどりつきました。今、つくりたい作品のアイデアがいっぱいあるんです。ひとつずつ、焦らずやっていきたいと思っています。

The work with the insect cages was a turning point. What I realized here was that I wanted to return to my childhood memories. The insect cages remind me of my childhood.
When I was a working adult, I was very conscious of the need to be strong. Even when I entered university, I wore leather shoes to school. That was how I felt. But as I spent time at the university, that feeling disappeared each time I visited my childhood memories. It was as if I was mixing children and adults.
Seeing the world with only my adult self does not feel right to me. I also have memories from my childhood. To cut them off and live only with my adult self is not right for me. I want to live in the world together with my old self as much as possible. Using this as a guide, I am mixing the hard parts with the juvenile parts.
I wanted to do this mixing thing, and recently I came up with the study of the sandbox. Right now, I have a lot of ideas for works I want to create. I would like to work on them one at a time, without rushing.