ART LIVES TORIDE ここで芸術が生まれる。

JINI

お父さんも趣味で絵を描くような家でした。私は物心ついたころからずっと絵を描いていて、幼稚園のころには絵本をつくっていたみたいです。そのまま、地元の京都にある美大に進学しました。そこで初めて油絵を制作して。高校生くらいからアニメに夢中だったこともあって、アニメーターになりたい、画家になりたいっていう両方を抱えたまま大学生活を過ごしました。

一度は就職してみようと思って、卒業後はアニメーターとして働いたんです。入りたい会社に入社できたし、先輩たちはすごくかっこよかったんですけど、私の技術が追いつかなくて。1年が経った頃、あなたは別の仕事が向いてるかもって言われました。結局2年働いて、やっぱり制作しようと思って、藝大の大学院に入ったんです。

取手に来たのは、先端芸術表現科があったから。コロナ禍で学校に行けなくなって、家で制作するのは狭いなと思っていたとき、このシェアアトリエを知りました。今は大学とこことで使い分けながら、制作をしている感じです。

My father also enjoyed painting as a hobby. I have been drawing pictures ever since I can remember, and I think I was making picture books when I was in kindergarten. I went on to study at an art college in my hometown of Kyoto. There I made my first oil paintings. I had been fascinated with animation since I was in high school, so I spent my college years with the desire to be both an animator and a painter.
I decided to try to find a job at least once, and after graduation I worked as an animator. I was able to join the company I wanted to work for, and the senior animators were really cool, but my skills were not up to par. After working there for two years, I decided to go back to production and entered the graduate school of the University of the Arts.
I came to Toride because it had the Department of Advanced Art Expression. I couldn’t go to school because of the Corona disaster, and when I was thinking that it was too small to work at home, I found out about this shared studio. Now I am using it both at the university and here while creating.

大学のころから、人の肉体に興味があって。きっかけはセシリー・ブラウンという画家の作品を観たことです。セクシャルな場面を、女性の視点から描いている画家さんで。私もこういう表現がしたいって思ったのが大きかったかも知れません。あとは大学の授業でフェミニズムについて学んで。女性視点で描きたいと思うようになりました。

肉体を描こうとするので、ピンクや赤が多くなりがちで。かわいい色って言われたりもするんですけど、私にとっては肉の色というイメージで使っています。

私の場合は、日常生活のなかで「これを描きたいな」「これなら観る人にいろいろ感じてもらえそうだな」っていう場面を写真に撮っておいて、それを感じた光景みたいなものを描いています。

I have been interested in the human body since college. It all started when I saw the work of a painter named Cecily Brown. She painted sexual scenes from a woman’s point of view. I wanted to express myself in this way, and that was probably the main reason. I also learned about feminism in college. I started to think that I wanted to paint from a woman’s point of view.
Because I try to draw the body, I tend to use a lot of pink and red. Some people say they are cute colors, but for me, I use them as the color of flesh.
In my case, I take pictures of scenes in my daily life that I think “I want to paint this” or “I think this will make the viewer feel various things,” and then I paint the scene that I feel.

描いているときにはいろいろ考えずに、自分の身体感覚を頼りにしています。自分が快か不快か、触感で描く。描くときに、どんな身体感覚を覚えているかっていうのを一番重要視しています。絵の具って半分液体、半分個体みたいな質感じゃないですか。それを筆にとって、紙などの支持体の抵抗感があって。それをどこまで滑らかにするか、どういうストロークで描くか。絵具と私の身体との間に発生している感触を感じているんです。

壁にかけている大きな絵は、髪の毛をいじっている人がモチーフです。筆だと小さすぎるから、手で描いていきました。はじめてキャンバスを使ったんですけど、この絵は層を意識したというか。厚みがぜんぜんでなくて。違う質感や色を意識しながらのせていった感じです。

When I am painting, I do not think about many things, but rely on my physical senses. I draw based on my sense of touch, whether I am pleasant or unpleasant. The most important thing for me is what physical sensations I remember when I paint. Paint is half liquid and half solid. When I use a brush, I feel the resistance of the support, such as paper. How smooth should I make it, and with what kind of strokes should I paint? I feel the texture between the paint and my body.
The motif of the large painting hanging on the wall is a person fiddling with his hair. I painted it by hand because it was too small to use a brush. This is the first time I used canvas, and I was conscious of the layers in this painting. It is not thick at all. I was conscious of the different textures and colors while painting.

描きはじめ、前半くらいが一番楽しいですね。そこから仕上げに入るぞっていうところから、苦戦します。目指しているものがあるんですけど、塗り重ねていくうちに、最初に描いたラフの雰囲気を維持するのが難しくなってくるんです。一筆でそれまでのすべてが台無しになっちゃったりするので、すごく神経を使います。

一度完成したと思って置いておいて、しばらくしてからもう少し塗り重ねるようなことも多いですね。「終わった。あ、違うかも」って、完成のタイミングが3回くらいあったりして。

I enjoy the first half of the painting process the most. It is when I start to finish that I start to struggle. I have an idea of what I am aiming for, but as I paint over and over, it becomes increasingly difficult to maintain the atmosphere of the initial rough sketch. One brush stroke can ruin everything that has gone before, so I have to be very careful.
There are many times when I leave a rough sketch as finished, and then paint over it a little more after a while. I often leave a brush thinking it is finished, and then paint over it a little more after a while. I might have three different times when it was finished.

2020年に、小学校でワークショップをさせてもらう機会があったんです。私がやっているように、触感で描くことを体験してもらいました。緊張したけど、すごく楽しかったですね。それがきっかけになって、今、知り合いのダンサーさんにワークショップをしてもらおうと考えているんです。

ちょっと絵から離れようと思っているというか。絵画が自分にとって一番表現しやすいメディアだっていうことはわかっているんですけど、ちょっと1人で絵を描くことに限界を感じていて。このまま続けていても同じような作品しかできないので、ステップアップするために、別のことをしたほうがいいと思ったんです。

将来はまだ迷っているところもあるけれど、絵はずっと描き続けると思います。研究職にもあこがれがあるので、平行して道を探ってみたいと考えているところです。

In 2020, I had the opportunity to do a workshop at an elementary school. I gave them the experience of drawing by touch, just like I do. I was nervous, but it was a lot of fun. That inspired me, and now I am thinking of having a dancer I know give a workshop.
I am thinking of getting away from painting for a bit, I guess. I know that painting is the easiest medium for me to express myself, but I am feeling a little limited in my ability to paint alone. If I continue to do this, I will only be able to produce the same kind of work, so I thought it would be better to do something else in order to step up my game.
I am still undecided about my future, but I think I will continue to paint pictures for a long time. I also have a longing for a research career, so I am thinking of exploring parallel paths.