ART LIVES TORIDE ここで芸術が生まれる。

奥野 智萌
Tomoe Okuno

地元は京都です。高校2年生から3年生になる春休みに、気になる人に話を聞きに行くっていう現代文の宿題がありました。そこで、今日マチ子さんという漫画家にダメ元でメールしたら、東京まで来てくれるならって言ってもらえて。

ウェブに漫画を出していた方で、毎日見ていたんです。今日マチ子さんのことを調べていくうちに、藝大の先端芸術表現科出身だということがわかって。それが、ここを受けるきっかけになりました。

My hometown is Kyoto. During the spring break between my sophomore and junior year of high school, I had a homework assignment in modern literature, which was to go talk to someone I was interested in. So, I e-mailed a manga artist named Machiko today, and she said she would come to Tokyo if I would come to her.
She had published a manga on the web, and I watched it every day. As I researched Machiko today, I found out that she was a graduate of the Department of Advanced Art and Design at the University of the Arts. That is what led me to apply here.

高校の授業では、美術じゃなくて書道を選択してたんですよね。美術は大学でやるだろうからって。なんだろう。けっこう前から自分のなかで、美術をやっていくってことは決まってた感じなんです。

周りに美術をやってる人がいなかったので、受験勉強も独学でした。予備校でも同じ学部に合格した実績はなかったので、自分から対策の計画を出しました。入試では自画像を描くことが多いと知って、毎週自画像を描いて過ごしていました。

In high school, you chose calligraphy instead of art. Because art would be done in college. I wonder why. I had already decided to do art for a long time.
There were no other art students around me, so I studied for the entrance exam on my own. No prep school had ever had a record of students being accepted into the same department, so I came up with my own plan to prepare for the entrance exam. I knew that I would have to draw a self-portrait for the entrance exam, so I spent every week drawing a self-portrait.

京都にいたころは、身の回りにあるもので、家でできるものをつくっていました。ぐしゃぐしゃになった金閣寺のお札を拾ってみたりとか、盆栽や家紋をモチーフにしてみたりとか。外から見たら、京都っぽい感じだったのかなって思います。

大学に入ってからはそういう感じではなくなったというか。住んでいる場所に影響を受けているのかもしれませんね。できることのレパートリーも増えて、卒業制作ではプログラミングをやりました。

自分を含めた、身体みたいなことに興味があるっぽいんです。生きものを扱うことも多くて、このあいだはウミガメでした。私、14歳くらいから毎晩コルセットをつけないといけない生活をしているんですね。来年手術が決まったので、この生活もあと少しで。自分の生活にずっとあるものだったので、向き合う最後の機会かなと思って、一度漫画にしてみました。そしたらスラスラとこれが出てきて。

When I was in Kyoto, I made things that I could do at home with things around me. I picked up crumpled up bills from the Kinkakuji temple, or used bonsai trees or family crests as motifs. From the outside, I guess it looked like Kyoto.
After entering university, I don’t feel that way anymore. Perhaps I am influenced by the place where I live. My repertoire of what I can do has increased, and I did programming for my graduation project.
I am interested in things like the body, including myself. I often work with living things, and recently I worked with sea turtles. I have had to wear a corset every night since I was about 14 years old. I am scheduled for surgery next year, so this life is almost over. It has been a part of my life for so long that I thought this would be my last chance to face it, so I decided to make a comic strip about it. Then this came out in a slurp.

コルセットを外したとき、カニの身を抜くみたいな、ずるんっていうイメージがあって。だけど手足はそのままだから、カニっていうよりカメかって、自分の頭の中で納得するようなところがあったんです。これを自分のイメージみたいなのを具現化する上で、いっかい漫画に描き出して。

最終的にはウミガメの目の高さにカメラをつけて、カメの視点で海辺を歩くっていう映像を撮りました。はじめからこれをやろうと思っていたわけではなくて、まず漫画を描いてみて、カニだなって気持ちで描きはじめたらカメが出てきて。自分の手足をつけたカメをつくろうと思って。

絵だと自分の手足だということがわからないというか。実際にちゃんと型をとって、ちゃんと現実で融合させたいと思って。最後はカメの目線になってみる。いろいろなプロセスを踏んでみました。

When I took off the corset, I had an image of a crab being pulled out. But since the arms and legs were still intact, I was convinced in my mind that it was more like a turtle than a crab. In order to realize my image of the turtle, I started to draw it as a cartoon.
In the end, I attached a camera at the eye level of a sea turtle and shot a video of the turtle walking along the seashore from its point of view. I started drawing a cartoon, and when I started drawing it, I thought it looked like a crab, and then the turtle came out. Then I thought I would make a turtle with its own arms and legs.
I thought that if I drew a picture, it would be hard to tell that they were my own arms and legs. I wanted to make a model of the turtle, and then fuse it with the real world. In the end, I tried to put myself in the turtle’s shoes. I went through various processes.

カメのように漫画を描いてからつくることもあれば、先に立体でつくってみたものを漫画に描いてみることもあります。漫画にしたほうが動かしやすかったり、生きている前提で扱うことができるんです。

漫画はずっと描いてますね。小学生のときは、学習まんがを模写して勉強していました。漫画家になりたいと思ったことはないんですよ。自分の考えを整理する方法として、漫画を描くことが多いんです。

どこからこの発想になっているのか、自分でもよくわかってないんですけど。あることに対して、ある日急に「そういうことだったのか!こういうことなんじゃないか?」って思ったことをまず漫画にしてみます。説明するのは得意じゃないし、人に話しても、夢の話を聞くみたいに、とりあってもらえるようなことではなかったりするので。それが漫画とか、実際にものをつくるっていうアウトプットになっていく感じですかね。

Sometimes I draw a cartoon of a turtle before making it, and other times I try to draw a cartoon of something I have already made in three dimensions. It is easier to move the cartoon and to treat it as if it were alive.
I have been drawing manga for a long time. When I was in elementary school, I used to study manga by copying them. I never wanted to be a cartoonist. I often draw manga as a way to organize my thoughts.
I don’t really know where I got this idea. One day, I suddenly think, “That’s what this is all about! Isn’t that what this is all about?” I’m not good at explaining things, and I’m not good at explaining people. I am not good at explaining things, and when I talk to people about it, they don’t always respond to me the same way they do when I ask them about their dreams. So, I try to make a cartoon or actually create something.

今、大学に入って初めて絵を描いてるんです。漫画は自分が読むスピードに近い感覚で描くので、絵にとどまる時間が少ないんですけど、一枚絵になるとすごく時間がかかります。同じ画面に向き合うことを、もうちょっとやってみようと思っています。

将来の夢とか聞かれるとむずかしいですね。最終的には、地方に個人でやってる小さい博物館ってあるじゃないですか。そういうの、やりたいです。自分がつくったものでもいいし、集めたものを並べて。お土産を売って、老後を暮らしたいです。

I am currently drawing pictures for the first time since I started college. I draw manga at a speed close to my reading speed, so I don’t spend much time on the picture, but when it comes to a single picture, it takes a lot of time. I’m thinking of trying to spend a little more time facing the same screen.
When asked about my dreams for the future, it is difficult. In the end, I would like to work at a small, privately run museum in a rural area. I would like to live in my old age, selling “souvenirs” of the things I have collected  or even things I have made myself.